『ヴェラ・ドレイク』



ストーリー
1950年のイギリス。ヴェラ・ドレイクは、労働者階級の人々が暮らす界隈で、愛する夫、息子と娘に囲まれて、毎日を慈しむように生きていた。
病気で動けない近所の人たちを訪ねては甲斐甲斐しく世話を焼き、家族団欒の時間を大切にし、いつも笑顔を絶やさないヴェラの心は、夫が自慢するように、まさにダイヤの如く輝いていた。
だがヴェラには、誰にも言えない秘密があった。彼女は望まない妊娠をした女性達の堕胎を“助けて”いたのだ・・・。



コメント(気になり具合:★★★★★)
これはニュース23という番組で知ったのですが、心優しいヴェラが法を犯してまで助けてるのには何かワケがあるようなんです。
フランス映画独特の雰囲気で非常に気になります。

関東では東京・銀座テアトルシネマでのみ公開中。

「ヴェラ・ドレイク公式HP」
http://www.veradrake.net/









広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー