『宇宙戦争』






ストーリー
雲ひとつない晴天に包まれた、アメリカ東部のある町に異変は突然起こった。
上空で発生した激しい稲光の一つは地上にまで達し、その下で巨大な何かが大地を震わせうごめき始めた。
そこに居合わせたレイ(トム・クルーズ)は、この常識では考えられない現象に直面し、恐怖に怯える人々と共に状況を見守る。そして人類が体験したことのない異星人の襲撃が目前で始まった。
侵略者が操る”トライポッド”が地底よりその巨大な姿を現し、地球侵略を開始したのだ。何とか家にたどり着いたレイは、テレビのニュースで世界16カ国が同時に襲われたことを知る。
レイは息子のロビー(ジャスティン・チャットウィン)と娘レイチェル(ダコタ・ファニング)を連れ、安全と思われる土地へと逃げる準備をする。 侵略者を前に戦う術を持たない人間たちは、今、世界のいたるところで難民と化していく。そして極限の恐怖は瞬く間に全世界に広がり、地球はかつての支配者を追い詰めていった。
愛するものが消えていくとき、人類に残されたのは愛と勇気だけだった・・・。



感想(評価:★★★☆☆)
よくできてる映画だなぁと思いました。
映像はスピルバーグとあってかやはり綺麗で、迫力も十分。しかし、宇宙人が微妙。
終わり方も納得いきません。


以下ネタバレ。


宇宙人があっけなく倒されてしまうんですよ。かなり後半まで人類の危機だったのに、いきなりバクテリアのおかげで飛行物体を守るバリアが無くなったとかで
軍隊の銃であっけなく倒されてしまうんです。あんなに危機!滅亡!だったのに・・・・。

そして軍隊が必死に戦っているシーンで、突然「僕も戦う」と走り出す息子のロビー。
彼は正義感溢れる感じでいい。けど、そこでトムクルーズと別れたのにラストでケロッと生きてるんです!ほぼ無傷で・・・。
えぇぇ!ですよ。あんな爆発やら宇宙人やらいる中に突っ込んでいったのに怪我無く生きてるってありえないだろうと。
ラストはいただけないですね。


よかったのは人間の醜い姿を描いているところ。
自分が生きるためなら他人なんてどうでもいい。人間が一番怖いですね。









広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー